仕事をするためには

どんなことをすべきなの?

マッサージ師として仕事を始めるためには何から行うべきか。

どのようなマッサージかによっていろいろと変わってくるのですが、アロママッサージやタイ古式といったマッサージであれば、それこそ今すぐにでも働く事が出来ます。マッサージ師の働き方に関しては、こちらのページでも書かれています。
参考:マッサージ師の働き方・資格についてです!

厳密な資格がありませんので、言うなれば雇われればその瞬間から「マッサージ師」になるのです。

実際に働いた人の体験談を見てみると、講習を行ってくれますので見ず知らずでお客の前に立って施術するといった事はありませんが、どうしても見よう見まねで行わなければならないため、なかなか難しい部分もあるとのお話しでした。その点スクールに通った方が技術面での不安が無いとも言えます。
マッサージのお仕事を行なう方法はマッサージ次第という事になります。実習はしているのか。あるいはすぐに現場に駆り出されるのか。それによってまったく状況は異なってきますので、マッサージ師として働きたいのであれば、どのようなマッサージ師になりたいのかをしっかりと描く所から始めなければならないのです。
正社員なのかアルバイトなのか。これによっても微妙に異なります。

正社員とアルバイトもやはり違うものです。アルバイトであれば簡単に名乗る事が出来ますが、専門的な事を教えてもらえなかったり、お客への施術は行えず、あくまでも雑用だったりするものですが、正社員であれば当然お客の前に立たなければならないのですから、「出来ない」では済まされません。出来るようにならなければならないのです。

意識の違いはあって当然ではありますが、「マッサージ師になる」という点に於いては国家資格なのか民間なのかによってまったく異なってくるのです。

国家資格と民間資格

国家資格と民間資格のところでもお話ししましたが、国家資格は国が認めてくれたものですが、民間資格の場合、言うなれば「ローカルルール」のようなものですから、特に資格を持っている訳ではないものの、マッサージ師として活躍している人も多いのです。

多くのお客を獲得し、素晴らしい収入を得ている民間資格のマッサージ師も多いですから、マッサージ師というお仕事は結局は自分自身のやる気次第という事になってくるのかもしれません。

Subpages