国家資格

■国家資格「あん摩マッサージ指圧師」
マッサージの国家資格、それがあん摩マッサージ指圧師です。こちらを取得するためには専門の学校に通い、卒業した後国家試験に合格しなければなりません。

マッサージに於ける国家資格としてとても高い人気を集めています。また、これは後述しますが、実は「マッサージ師」と名乗って良いのはこの資格とはり、きゆう、柔道整復師のみなのです。これらの資格を保持していない限り「マッサージ」を行う事は出来ないのです。

他の施設ではマッサージではなく「リラクゼーション」と名乗っているのはそのためです。専門学校ではマッサージとはどのようなものなのかを徹底的に勉強する事になります。

座学から実技まで、国家試験合格のための勉強を積む事が出来るようになります。国家資格ですので、簡単に取得する事が出来るものではありませんが、取得するメリットはとても大きいものです。

民間資格とは訳が違いますので、あん摩マッサージ指圧師、はり、きゆう、柔道整復師は幅広い年齢層から人気を集めているのです。

専門の学校には、高校卒業と同時に入学し、マッサージ師を目指す生徒もいれば、元々はサラリーマンだったり他のお仕事に就いていたものの、マッサージ師になりたいとの想いから専門学校に通い、勉強している生徒もいます。

30代はおろか、40代、50代の生徒すらいると言われているのは、民間資格ではなく、国家資格だからこそとも言えます。やはり「国家資格」の重要性はとても高いもので国家資格を持っている事のメリット・説得力はとても大きいものです。

■独立開業も見えてきます
これらの国家資格を取得する事で独立開業の道も見えてきます。幅広い年齢層から高い人気を集めているのは、国家資格だからこそとも言えますが、簡単に取得する事が出来るものではないという点は知っておかなければなりません。

「あん摩マッサージ指圧師になろう!」と思っても、そこから最低でも3年間は学校に通わなければならないのです。決して気まぐれで取得出来るような資格ではありません。